お電話でのお問合せはこちら
045-594-8857
受付時間
8:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

採用支援

なぜ中小企業は採用できないのか

 中小企業が求人に苦戦する理由の一つに、経営者自身が採用を苦手としている事があります。資金繰りが苦しくなると社長は銀行に金策に走りますよね。資金ショートが会社倒産につながるからですが、人が不足しても社長は人策には走りません。こちらも倒産につながる要素ですがなぜか総務や部下に丸投げでそこには危機感が感じられません。このような中小企業の特徴は以下の通りです。


1.社長自らは何もアクションを起こしません。
 社長の多くは自ら求人活動をする事はしません。採用業者に金を払って求人広告をうってじっと待ちの姿勢  です。新卒が欲しければ学校にアピールに行ったり、人材育成計画を練ったりする必要があります。でも何  もしません。中途採用するにしても社長自らが採用予定部署を含めた打合せを行い、どいういった人材が本  当に必要なのかという人材要件を綿密に擦り合わせる必要がありますがそれも行いません。

2.求職者目線での求人情報が足りないか、全くありません。

 よく見かけるのが「わが社は創立50年を迎え・・・」だとか「取引先は1部上場企業が多く・・・」とかいっ た求職者にとってはどうでもいい情報が羅列しています。求職者はこの会社に入ったら自分はどうなるのか、どういったキャリア形成ができるのかといった目線で求職しているのですが、この期待に応えている求人情報が少ないのが現状です。

3.採用ルートが少ない。

 採用の最も重要なことは何でしょうか。それは会社や求人内容をどう求職者に認知させるかということです。会社が採用していることを認知させる場所が採用ルートであり、採用ルートとは求職者と会社が出会う場所のこと言います。つまり採用ルートをいくつ持てるかが重要になります。中小企業の場合この採用ルートが少ない為採用に苦しむわけです。

 

このような状況では採用業者のいいカモになっているわけですね。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

留守番電話になった場合はお名前とご用件、連絡先をお伝えください。翌営業日にご連絡致します。

受付時間終了後もお電話が通じる場合もあります。

定休日は電話対応をしておりません。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:8:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

045-594-8857

インフォメーション

お問合せ・ご相談
045-594-8857

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

8:30~17:30

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3‐18‐9 新横浜ICビル503
JR東海道新幹線、横浜線改札より徒歩6分
横浜市営地下鉄ブルーライン8番出口徒歩2分